ロシア語を独学で習得するには?

学習人口が少ないロシア語

ロシア語の文字はキリル文字と呼ばれ、キリル文字克服がロシア語独学の最初の壁です。

 

キリル文字には、ローマ字と同型のものと数字、独特な記号のような形の文字があります。
ローマ字と同型でも読み方がまったく違うものもありますので、全く別のものとして最初から覚えましょう。
全部で33文字しかないので、覚えるのは難しくないはずです。
日本語の50音に合わせたキリル文字表を作ると、わかりやすいです。
男性名詞と女性名詞、中性名詞がありますが、最後の文字で区別できることがほとんどなので、この規則性を覚えましょう。

 

冷戦時代の影響なのか、ロシア語を勉強する人は少なく、ロシア語教室も少ないです。
しかしロシア文学やロシア民謡は、日本人の生活に溶け込んでいます。
よく歌われているカチューシャやトロイカをロシア語で歌い、訳詞をするところから始めると親しみが湧きます。
有名なトルストイの戦争と平和や、ドフトエフスキーの罪と罰を教材にして、文学と語学の一挙両得をめざすのもいいでしょう。

 

ロシア語は活用形から原型を探すのが困難ですが、電子辞書を使えば簡単です。
ロシア語を独学で習得するのは難しいのでしょうか。
最近では、学習教材や学習方法の選択肢が増えていますので、独学でも問題ないことが多いでしょう。
スマホを持っているのであれば、ロシア語の学習アプリや辞書を活用することができます。
SNSでロシア人の友人や恋人を作れば、ロシア語の上達が加速すると思います。

 

ロシア語の独学に向いている教材

ロシアワールドカップでロシア語の需要が増大?

2018年にロシアで開催されるサッカーワールドカップで、多くの日本人がロシアへ西野ジャパンの応援に出かけました。現地では、ロシア語を話す必要があり、苦労したサポーターも多いのではないでしょうか。せめて、挨拶やお礼くらいは、ロシア語で言える必要があります。これは、どこの国に言っても同じですね。

 

サッカーを通じて、ロシアという国に少しでも興味を持ち、ロシア語の勉強を始めたという人もいるのではないでしょうか。ロシア語だけではないですが、外国語を学習するきっかけとなるのは、スポーツの他に、恋愛や文化交流、仕事、趣味など多岐にわたります。語学学習のきっかけとなるのは、何でもいいのです。

 

ロシア語スクールは、東京にはいくつかありますが、地方に行くとロシア語を教える学校がないこともあります。いまでは、独学でもロシア語を学べる教材があります。例えば、松平勝男のロシア語教材などです。松平勝男のロシア語教材は、特にロシア語初心者や初級レベルの人におすすめの教材になります。この教材1つで、ロシア語がペラペラに話せるとまではいきませんが、きっと役に立つと思います。

 

また、独学でロシア語を勉強するなら、ロシアールというオンラインのロシア語レッスンを活用しながら、学習を進めると効果的だと思います。ロシアールでは、1レッスン500円からと低価格でロシア語のレッスンが受けられるのが特徴です。また、初回3レッスン無料キャンペーンも行っているので、上手に活用したいところです。

 

(値段やキャンペーン情報は2018年7月に確認したものです。)

 

ロシアールのURL russiar.jp